血栓を予防するために必要なことを学ぶことが大切

タバコの危険性

血液中に血の塊が出来てしまうと命に関わる病気の原因になってしまいます。多くの人は血栓の原因が運動不足や高カロリーの食事を摂取することが多い暴飲暴食を続けている人というイメージを持っていることが多いでしょう。
しかし、暴飲暴食ばかりが血栓の原因ではありません。予防のために食事に気をつけて定期的な運動を行なっていても、タバコを吸ってしまいますと血栓が生まれてしまう可能性があります。
血栓の予防を行うためにも禁煙を行うことが最も大切です。血栓予防の邪魔をする存在であるタバコですが、タバコには一酸化炭素が多く含まれています。一酸化炭素は酸素に比べ強い物質です。
通常私達の血液中はヘモグロビンに酸素が融合し、血液の循環を行いながら体内に酸素を運んでいます。しかし、タバコに含まれている一酸化炭素は酸素とヘモグロビンの融合を防ぎ、一酸化炭素がそのままヘモグロビンと融合してしまいます。
一酸化炭素が多く含まれたヘモグロビンが血液中を循環してしまい、酸素不足に陥り、血管の内部が体内の異常を探知して赤血球を多く作り出します。
赤血球がたくさん作られてしまいますと血液の成分のバランスが崩れてしまい、ドロドロの血液が作られやすくなります。結果的に血栓が作られやすい体内になってしまいます。
血栓の予防を行うために健康的な生活習慣をしていても、タバコに含まれる一酸化炭素の影響で血栓の予防のために費やした時間が無駄になってしまいます。
血栓予防に必要な行動の邪魔にならないようにするために、禁煙を行い事前にドロドロ血液の予防を行わなければいけません。
また、タバコに含まれるニコチンには血小板の粘着率を高める効果があり、血栓ができやすくなってしまいます。ドロドロ血や血小板の粘着アップを予防するためにも必ず禁煙を行ないましょう。